部長挨拶

平成29年度鴻巣市商工会青年部基本方針 「つなぐ」

鴻巣市商工会青年部部長 栁健太郎 

孔子は晩年、自らの人生を振り返り「五十にして天命を知る」と語ったそうです。五十になって、天から自身に与えられた使命とは何たるかを自覚できたというのです。また、蘧伯玉(きょはくぎょく)は「五十にして四十九年の非を知る」という言葉を残し「何歳になっても関係ない、日々反省することで、自分は今よりもっと成長したい」との意志を示したそうです。多くの先輩方が商工会青年部に重ねてきた半世紀・50年の思いと伝統は、青年部が発足した当時、生まれてもいなかった現役部員である私たちの活動の中にも脈々と息づいているのだ、という自覚と誇りを胸に、誓いの言葉と宣言の実現を商工会青年部の天命と捉え、今後も青年部活動において自己の研鑽を怠ってはならないのだと部員一同、心新たにしております。平成29年度、私たちは「つなぐ」をテーマとして活動して参ります。
私は18年間の青年部活動のなかで多くの喜びや達成感を感じ、充実した時間を過ごさせていただきました。今思い返せばそれは、多くの仲間やたくさんの方々とのつながりがあったからこそ、それに気付くことができました。それは青年部活動のみならず、各々の人生においても言えることのはずです。そこで、つながる大切さを今年度の活動を通して、見つめ直すとともに、考えていくことで鴻巣市商工会青年部として、または経営者、後継者として一つでも多くの新たなつながりを得られることを目的に、このようなテーマと致しました。

〇人と人をつなぐ青年部

・青年部は自分を高める場所であると意識して活動しよう!
商工会青年部を構成する単位、それは当然、個人であることに疑いはありません。ただ、その個人個人が自己の価値観のみに執着し、声高に主張するのみでは、もはやそれは商工会青年部、組織とも言えませんし、青年部に所属している意味がありません。
組織の原点に立ち戻り、時には共感し、勇気をもって正し、各々の意見をもって大いに議論を戦わせ、すり合わせた方針をもって活動してみる。そんな、人と人をつなぐ・活動から学べる組織文化の構築を目指します。
活動から培った人とのつながりが信頼を生み、お互いの理解と成長を促す、建前やわかりきったこととして一笑に付すのではなく、意識してそれを真剣勝負で実践できる青年部にしたい。必ず、各々の事業に戻った時、多くの人と人とのつながりを持っていればこの先に一人では越えられないような高い壁があったとしても、乗り越えられると信じています。

青年部と地域をつなぐ
・知恵と体力を目いっぱい使って、地域のよいところを引き出せる活動をしよう!
鴻巣市、こここそが鴻巣市商工会青年部が活躍できる舞台。舞台なら明るければ明るいほど輝けるはずです。
これまで以上に、青年部でぶつけ合った意見を活動に存分に反映させて、青年部の使命を胸に地域に向けて活動を推進してまいりましょう。鴻巣の明るい未来を信じてまず、私たちが鴻巣市という舞台で、明るく輝く太陽となります。その為に、家庭、家業をはじめ部員全員が大切にすべきものを大切にする中で、多くの青年部員の意見を集約し、ともに活動していきます。活動に積極的に参加できる体制を整え事業への参加率を高め、活動への参加が叶わない部員においてもつながりをもって意見を発言できる機会と気運の醸成を図ります。
・地域の顔、商工業をささえるリーダーになると自覚し、恥ずかしくない活動をしよう!
今、私たちをとりまく経済環境・景気は概ね緩やかに回復してきているとの考え方が主流のようです。しかしそのような実感はないのが私たち中小企業者の大多数の意見ではないでしょうか。また、世界経済も混迷の色が濃くなり、今後もこれまでと同様に目まぐるしく私たちを取り巻く環境は変わっていくでしょう。
地元で発展してきた商工業は不変の「地域の顔」のはず。残念ながらその荒波に巻き込まれ、衰退の象徴のように我々を見ている人々も多いようです。そう、地域の顔であり続けるにはそのための努力と行動、若い力、アイディアが必要なのです。
ビジョン・魅力・コミュニケーション・自己変革。求められる答えは商工会青年部の活動の中にあると確信しています。青年部活動を通してそれを探しに行きましょう。

 〇現在と未来をつなぐ
・地域社会の全員で幸せを掴むため、新しい考えを積極的に取り入れてよりよいまちを目指して活動しよう!
・私たち青年部員だけでなく鴻巣市、たくさんの団体や個人といった、日ごろから青年部を見守り、支援していただいている方々の違う側面からの意見を大切に、活動してまいりましょう。事業運営・活動上のパートナーは青年部員だけではないのです。
厳しい意見を含め、青年部が行う地域振興活動の評価は地域の方々がしてくれるはずです。認識に不足があるとするならば自分たちで気付くことも重要ですが、不足を指摘してくれる「地域の方々」を近くに持つことを意識することも大切でしょう。青年部のあり方、青年部事業のあり方もきっと地域にヒントがあるはずです。ニーズを的確にとらえ、活動に反映できれば近い将来、より多くの幸せを掴み取ることが可能になると考えます。
次の10年、次の世代を見据え、時流に乗り一歩先へ。因習の打破からイノベーションへ。現在から未来へ、輝く地域創生につなげていきましょう。

▲ページトップへ

鴻巣市商工会青年部
埼玉県鴻巣市本町6-4-20
TEL:048-541-1008
お問い合わせ・ご感想はこちら
kounosu-hanabi@nifty.com