部長挨拶

平成30年度鴻巣市商工会青年部基本方針

鴻巣市商工会青年部部長  島村 伸之

これまでの青年部は、どんな青年部でしたか?私が今回部長に就任させていただくにあたり、鴻巣市商工会青年部はすごい団体であると感じました。全国的に有名になった「こうのす花火大会」の運営やゴルフ場を貸切にしての「チャリティーゴルフ大会」、子ども達に夢を届ける「サンタがまちにやってくる」など沢山の事業を行い、鴻巣市の地域振興発展だけでなく、全国への認知度向上に努めてきました。 突然ですが、大きな樹があります。太い幹に沢山の花を咲かせています。この大きな幹や花を支え栄養を送り続けているのは、根です。私たち青年部は、先ほど述べたとおり、沢山の事業と歴史の中で、大きな幹で沢山の花を咲かせてきました。しかし、大事な根はどうでしょうか?根は現役の青年部員です。この大きな樹を支え続けるには沢山の部員と部員個々のやる気が不可欠です。しかし、この沢山の事業を行っていく中で、自分たちの負担が大変大きいことも事実です。 そこで、今年一年かけて、より一層根を広げ、沢山の大きな花を咲かせられるよう、以下の事を実行していきたいと考えます。
  1. 部員の増強 商工会青年部の部員資格が45歳に延びてから、鴻巣市商工会青年部に入部した部員は何名いたでしょうか?今年度で卒業になる部員の方がいるという状況の中で、このままでは部員資格の延長はただの時間稼ぎでしかありません。青年部をよく知る先輩方が一人でも多く現役として在籍しているうちに、今後の青年部を引っ張っていく部員を早急に増員していくことが不可欠です。青年部全体で、一人でも多くの部員を迎え入れましょう。そのためにも、今年度、新たに組織拡大委員会を設置します。この委員会は、これまで青年部活動を行ってきた中で、事業の多さや忙しさによって、部員の勧誘に力を注げなかった私の経験をもとに設置する事を決めました。この委員会には、部員の増員だけでなく、新入部員の青年部活動に対しての手助けや、青年部の楽しさを伝える役割を担ってもらいたいと思います。 新しい仲間と共に、今までの事業をただこなすのではなく、新しい楽しさや価値を追求出来る一年にしていきましょう。
  2. 後輩の育成 青年部活動において、成長とはなんでしょうか?私が青年部活動の中で、一番成長を実感したのは失敗した時です。しかし、同じ失敗を繰り返す事は、本当はあってはならない事だと思います。一個人としては一回目かもしれませんが、商工会青年部としてはどうでしょうか?同じ失敗を繰り返さずに新しい事にチャレンジ出来れば、より有意義な青年部活動になるはずです。青年部活動を駆け抜けてきた中で、沢山の物事から学び、そして、代々受け継がれてきた知識と経験を、是非若い世代に受け継いでいきましょう。
  3. 一人一人が責任感を持ち支え合える組織づくり 責任感を持ち支え合える環境。言葉にするのは簡単ですが、大変難しい課題です。そこで、年度内に必ず他人に用事を頼まれる事を目標にしてください。そして、必ずそれに応えてください。仕事であれば当たり前の事ですが、青年部活動の中でも頼み頼まれる環境を作っていきましょう。 青年部活動は、ただのボランティア活動ではありません。同じ将来を担う後継者や経営者が集まり組織された青年部の中で、青年部を卒業した後でも信頼し合える仲間を作り、経営基盤となるこの町を発展させていく必要があります。そのためにも、一人一人が真剣に向き合い、自分を磨いていく事が出来る団体であること、それが商工会青年部の魅力ではないでしょうか。その事を意識し、部員同士が仲間を信じて、頼まれた事に応えていく。その繰り返しが責任感を持ち支え合える環境に繋がり、必ずや、皆さんにとっても、青年部にとっても、有意義な一年となるはずです。
以上の事を実行していく事で、地域振興発展、組織活性化、福祉の増進はもちろんの事、部員の増強、これまで以上の素晴らしい組織の確立を実現し、これから先も大きな花を咲かせ続ける大樹を支える根がしっかりと地に張られるでしょう。そして、新しい事にも挑戦し、大きな花も咲かせられる一年になるのではないでしょうか。 これから先も続く鴻巣市商工会青年部であるように、そして、来年度から卒業していく先輩方が安心していられる青年部になるように、部員増強と後輩の育成を軸に青年部員が自主性と責任感を大切にし、何事にも全力で取り組み、自分達自身でやってきた事に充実感、仲間同士の絆を実感し、そして、どこにも負けない一層素晴らしい青年部を実現していきましょう。

▲ページトップへ

鴻巣市商工会青年部
埼玉県鴻巣市本町6-4-20
TEL:048-541-1008
お問い合わせ・ご感想はこちら
kounosu-hanabi@nifty.com